blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラボクロイヤル
ダービーは切れ負け。前走は休み明けで度外視。スタミナ勝負はいかにも向きそう。だが今回はそういうタイプが多いので、後ろからレースを進めるこの馬から買うってのは…。マクりやもうちょい前から競馬すれば面白いと思いますが。

ロックドゥカンブ
4戦すべて完勝。菊花賞の舞台も向きそうで当然有力なのだが、長距離は騎手の技術も問われるといわれる。鞍上の京都経験が少ない点がマイナスか。

コートユーフォリア
この馬がペース握りそうだと思ってるんですが。

タスカータソルテ
京都専用だが、短いとこの方が良さそうな気がするのは自分だけでしょうか。

マンハッタンスカイ
今回この手のタイプが多いので推すに推せない。例年なら穴で指名したいところだが。

サンツェッペリン
菊花賞で大活躍するニジンスキーが入ってます。
休み明け叩いて上積み見込めるが、だから今回こういう先行して粘る、持久力勝負の馬が多いんだって。

アサクサキングス
気分良く走れるかにかかってます。マズルなんで距離は問題ないだろう。スロー専門だと思っていたら、淀みない流れでも問題ないようで。
このタイプ多いので人気では買いたくないが。

フサイチホウオー
ダービー切れ負け、前走休み明け。折り合いがカギで、折り合いつける為に後ろから競馬しそうな点がマイナス。マイラー説は折り合い難があるので現状ではマイル前後がベストなだけでしょ。

アルナスライン
瞬発力勝負になれば他に瞬発力自慢の馬が見当たらないので快勝しそう。故障明けを好走して2走ボケがやや心配。

ローズプレステージ
半兄ローゼンクロイツは菊3着。父ダンスインザダークに替わり余計に向きそうだけど展開に左右される馬だと思うので評価自体は微妙。ファストタテヤマの後継者になれる器ではある。

デュオトーン
未知の魅力あり。血統も長いとこ向きそうだ。
疲れがあるらしいので、当日の気配次第か。しかしブログ予想は前日に公開するのでどーしよ。

ドリームジャーニー
菊花賞で自分から動けない人気馬なんて全く信頼出来ないんですが。

ホクトスルタン
血統、鞍上、レースっぷりからいかにも菊花賞向き。
ただ前走見る限りではあのレースが限界かな。と言う感じもしますが。
先行粘りって馬が今回多いのでその点もやや問題あり。

ヴィクトリー
着実にノーリーズンの道を歩んでるのは気のせいでしょうか。
気性的に休み明け初戦からでも問題ないと思ったがイマイチ伸びず。
ロベルト系なんで1戦使って上積みは期待できるし、何より折り合い面で問題がなくなったのはかなり大きい。
同型多いのは気になるが。



今年の3歳牡馬はレベルが低いと言われているが、よく見ると速い上がりの使える馬少なくないですか?
その辺が上がり決着となったダービーでウオッカが快勝、逃げたアサクサキングスが2着に踏ん張ったという結果になった。世代屈指の切れ者アドマイヤオーラは距離に疑問がありながらも3着だったし。

てなわけでダービーだけで世代レベルを問うのは間違ってるかなと。
そして今回の菊花賞は例年になく、上がり勝負を嫌うスタミナ自慢の馬が集まった。
ってワケで先行持久力勝負に持ち込みたい馬が多すぎるので、そこから本命を選ぶのは厳しい。
マクリが出来るかある程度瞬発力勝負の出来る差しタイプから買うのがベターですかね。
ダートでマクリ経験あるし、前走で速い上がりを使っているアルナスライン、皐月賞が例年の菊花賞で差してくるタイプな感じで追い込んできたフサイチホウオーあたりが本命って事になるのかな。若干というかかなり頼りない本命だな…。
ヒラボクロイヤルがマクる競馬できればいいんですが、経験ないし…。
結局ロックドゥカンブが一番良さそうだ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する










URL▼


Comment▼



Pass▼


 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://y87xxx2.blog66.fc2.com/tb.php/816-dcd2b27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【菊花賞】が行われる京都芝コースで実際に好走している血統から注目馬を探ります!
2007/10/19(金) 09:36 | 【血統フェスティバル】blog

【菊花賞】近5年の1~3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。
2007/10/19(金) 09:37 | 【血統フェスティバル】blog

亀田親子がこれ以上ない悪役ぶりを発揮している昨今、12年前、92年の菊花賞はその悪役が栄光をつかむ。馬の名はライスシャワー。
2007/10/19(金) 23:03 | ミシエロの3年前は忘れた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。