FC2ブログ
blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

・ローテとしては、毎日杯、皐月賞組が強い。
毎日杯組は昨年のディープスカイ、04年キングカメハメハ、03年ウインクリューガーが勝利。
皐月賞組は昨年のブラックシェルが2着、07年ローレルゲレイロが2着、04年コスモサンビーム、メイショウボーラーが2、3着。
桜花賞組の牝馬もまずまずで07年ピンクカメオ、05年ラインクラフトが勝利、デアリングハートが2着。
それ以外はニュージーランドT組からの臨戦が多い。そりゃトライアルレースだからねぇ。

昨年もちょっと書いたんですが、皐月賞組は皐月賞がどういうレースだったかで繋がるかどうかが変わる。前残りや厳しいレースじゃなかった場合は、どうやら繋がる模様。
08年、07年、04年はいずれも皐月賞は逃げ切りで決まっていた。
今回はアンライバルドが差しきって勝利。前は全滅したが、どうだろうか。

毎日杯は3勝と相性いいが、アイアンルックが東京のGIを勝てるとは思えないし…。
何故かと言うとトニービンの血はまだ東京改修後のGIを1勝もしていないから。
2着や3着はいっぱいあるのに1着はない。京都や中山は勝ってるのに。
あの東京向きと言われたハーツクライも初GIは有馬記念だったし…。JCでハナ差2着はあったけど。
狙うなら2、3着付けでどうでしょうか。

あと昨年のダノンゴーゴーのように1200m適性のある馬は3着あたりに激走することがあるよう。
穴はこのあたりから考えてもいいかも。

ニュージーランドTの勝ち馬はあまり相性は良くない。
勝ったのは98年のエルコンドルパサーまで遡らないといけない。
でも複勝圏内には、
08年ダノンゴーゴー3着(NZT7着)
07年ムラマサノヨートー3着(NZT14着)
06年ロジック1着(NZT3着)
03年エイシンツルギザン2着(NZT2着)

が、近年顔を出している。
全部、雨か稍重の時…。
参考までにどうぞ。

血統的にはそんなに偏った感じもなく。ノーザンダンサー、ミスプロ、ヘイローが満遍なく来てる感じ。
ノーザンダンサー系の中ではダンチヒや近年ではフレンチデピュティが頑張っている。

で、オススメは…、うーん、前走リズムを欠いたスガノメダリストと阪神マイルと東京マイルは繋がるという事でマイネルエルフを推したいが…。
あまり強調点がないのがどうかな。マイネルエルフは唯一の惨敗が東京だったし。

と言う事で、あまりオススメしたい馬もいないので、ミッキーパンプキンの人気落ちに期待しておきます。
アイアンルックの影に隠れてはいるが、この馬も毎日杯組です。
2歳のオープン特別勝って、それ以来崩れはしないものの、パッとしない成績はロジックに似てる。
ダンスインザダークなので東京GIを勝つまではどうかと思いますが…。
スポンサーサイト