blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎ドラゴンファング
○ファリダット
▲アーバニティ
★ソルジャーズソング
△ヘイローフジ
△トウショウカレッジ
△キンシャサノキセキ

ドラゴンファング
近年、毎年のように顔を出すヘイロー系。サンデーって言わないとこがミソ。
考察でも書きましたが、1200m実績よりも1400m以上で実績を残してきたヘイロー系が好走しやすいレース。実際まだ底を見せてない魅力、ペース展開不問もこの馬が一番信頼できると思う。

ファリダット
昨年のキンシャサノキセキや一昨年のスズカフェニックス、3年前2着のラインクラフトに近い感じがする。母父サンデーの1200m経験の少ないタイプの差し馬で、このレースで好走する条件にはピッタリ。

アーバニティ
勢い侮れないサンデー系。こちらは昨年のファイングレインに近いタイプか。
外枠が好走しやすいレースでいい枠引けたと思うが、どうだろうか。

ソルジャーズソング
数少なくなった現役サンデー直仔。ヘイロー系が活躍すると言っても、ほとんどがサンデー直仔。
脚質的にもこのレースは合いそうだし、1200mじゃ掲示板外したことのない安定感魅力。
サンデー産駒がGIで好走するべき鮮度もあると思う。
本命にはしなかったが、ずっと本命にしようか悩んだ馬。

ヘイローフジ
中京1200mでオープン特別勝ちあり。その時は差し決着でアーバンストリートに先着しているので、中京1200mならこちらの方が適性があるのだろう。で、この人気差はおいしい。

トウショウカレッジ
能力は高い。展開向けば一発あるタイプ。

キンシャサノキセキ
昨年2着。前走は休み明けの上に展開向かなかったか。
ただ前走負けからは距離をちょっと変化させないと巻き返さないイメージがあるのだが。

スリープレスナイト買ってないけど大丈夫なんだろうか。
スポンサーサイト

◎ボランタス
○エスケーカントリー
▲サトノコクオー
★ブイチャレンジ
△トーセンアーチャー
△ナナヨーヒワマリ

フェブラリー組は毎年相性が良くないので、買わない。
意外と追い込みが決まるコースで、昨年はやや前残り気味だったが、ナナヨーヒマワリが差し切り勝ち。前が残りやすい阪神ダ2000mの仁川Sと出し入れで買うといい。
と思ってるんですが、今年の仁川Sは前崩れのレースになったんですよね。

本命は自在にレースを運べるボランタス。このメンバーでどこまで走れるか。ですが、スブいダート血統馬が好走しやすいこのレースで、ティンバーカントリーは向くんじゃないかと。

エスケーカントリー、ティンバーカントリー丼。ほんとティンバー産駒好きですね。
えぇ。今年の仁川SはマーチSに繋がってると思う。
サトノコクオーも同様で仁川S好走馬だからです。ズブめの血統も合ってると思うし。

後は追い込んできそうな馬3頭を。
ブイチャレンジなんて東京ダ短距離専用の大穴馬って思わないほうがいい。スキャンなんていつ走るかわからないので。

このレースの特徴は、非常にサンデー系の好走は鮮度が問われる。

鮮度に関しては、ここでは芝1200mでのレース経験が少ない、又はGIの出走経験が少ない(or上がり馬)ということ。1200mで底を見せていない馬も該当。

05年1着アドマイヤマックス 6歳、芝1200m3戦目。
06年1着オレハマッテルゼ 6歳、芝1200m初、GI2度目の挑戦。
07年1着スズカフェニックス 5歳、芝1200m初、GI初挑戦。
07年2着ペールギュント   5歳、芝1200m初。
08年1着ファイングレイン  5歳、芝1200m無敗。GI2度目の挑戦。
08年2着キンシャサノキセキ 5歳、芝1200m3戦目、GI3度目の挑戦。

ここ3年で、こんなにも。
でもサンデー系といっても、サンデーサイレンス自身とフジキセキだけだったり。

今回鮮度のあるサンデー系は、アーバニティソルジャーズソング。特にアーバニティは芝1200m2戦2勝の2連勝中で鮮度は抜群といえる。
ただオーシャンSのレベルが高かったか?というと疑問かもしれない。


後は差しが決まりやすいレースでもあり、昨年の覇者ファイングレインもシルクロードSを差して勝利していた。てことでアーバンストリートは候補にあがる。あげる。
そのアーバンストリートに中京1200mで差して先着したことのあるヘイローフジ
実力的には差はないはずで人気の盲点になりそう。

その他宮記念に向きそうなのは、ビービーガルダン、ドラゴンファング、トウショウカレッジ、ファリダッタ、ローレルゲレイロあたりか。全部阪急杯組だけど。
恐らく阪急杯組が中心になるんじゃないかなと思ってる。

そして、昨年1,2着だったファイングレイン、キンシャサノキセキ
前走だけで見限れない、スプリングソングウエスタンダンサー
順調さを欠いたが、1200m無敗のスリープレスナイトも圏内。

例年にも増して混戦模様といえる。

日本5-3韓国

リアルタイム見れなかったのが非常に残念。
しかし、最後はイチローが決めるとは。大会中決して調子は良くなかったし、かなり苦しんだと思うけど、最後に報われて良かった!感動した!

岩隈も8回まで2失点。最後の1点はちょっと残念だったけど、MVPの松坂に勝るとも劣らない成績。勝ち投手になってたら決勝で投げたというのもあり、MVPだったかもね。
隠れたMVPとしてはやっぱり杉内!ずっと良かったですよね。この人が出てきたらもう安心。という気分になってました。

打つほうも最初は不安でいっぱいだったけど、試合を重ねることにより、繋がるようになってきていた。
中島、内川、青木が終始良かったですよね。特に中島は2番バッターとして、そしてショートとして大活躍だったと思う。
小笠原もいいところで打ったり、キューバ戦で相手のエラーを誘ったり目立ちましたよね。気持ちで相手に勝っていたのかな。


しかし、キューバ、アメリカ、韓国を降しての連覇は誰も文句を言えず世界一だろう。
韓国には通算でも3勝2敗で、前回みたいに何か言われる事はないでしょ。
今回は前回の覇者とはいえ、気分的には挑戦する立場だったが、次回はディフェンディングチャンピオンとして、受けて立つ立場での3連覇に期待したいです!

日本9-4アメリカ

ちゃんと見れなかったので、どんな展開だったのか詳しくはわからないけど、決勝進出きた!
8回に2点差になった時は正直ひやっとしましたが。

しかしまた韓国とですか。何回同じ国と試合すればいいんだこの世界大会。

日本は韓国にしか負けてないし、韓国も日本にしか負けてないうえに対戦成績が2勝2敗なので、決勝にふさわしいっちゃふさわしいんですけどね。

ここまできて負けるとか屈辱以外の何物でもないので、絶対勝って2連覇達成してほしい!

◎フィフスペトル
○リクエストソング
▲アンライバルド

特に荒れそうな雰囲気もなく。
単純に朝日杯FS好走組やきさらぎ賞組が好走しやすいレースなので、フィフスペトル、リクエストソングを上位に。

フィフスペトル
母系にニジンスキーのクロスがあるネヴァーベンド系で血統だけ見ればスタミナ豊富。
なので距離延長は問題ないはず。京王杯2歳Sでゲットフルマークスを捕らえきれなかったようにスローの瞬発力勝負よりもタフな流れが良さそうでここは絶好の舞台かと。



◎アサクサキングス
○ナムラクレセント
★デルタブルース
△オウケンブルースリ
△スクリーンヒーロー
△ニホンピロレガーロ

3000mの経験のないスクリーンヒーローと休み明けから動くか微妙な感じのするオウケンブルースリは妙味も考えて評価を落としてみる。

本命はアサクサキングス
G?では大崩れしない。菊花賞馬だし、距離も歓迎だろう。
テイエムプリキュアが引っ張る流れも合うのでは。

ナムラクレセント
母系のスタミナの豊富さは菊花賞3着で証明。
距離延長は歓迎、底を見せてない魅力あり。

デルタブルース
1年3ヶ月振りがどうかだが、スタミナ勝負になれば。

◎アイアムマリリン
○ヴィーヴァヴォドカ
▲ロイヤルネックレス
△ディアジーナ
△ショウサンウルル
△パドブレ

アイアムマリリン
前走は出遅れて勝負にならなかった。
デビュー戦勝ちしてる中山に替わるのはいい方向に出そうだが。

ヴァーヴァヴォドカ
前走は休み明けで度外視、中山は勝利経験あるし、ダンスインザダークは全般的に中山重賞は苦手だが、中山1800mはダンスインザモアがスプリングSを勝っていたり、意外と向いたりする。

ロイヤルネックレス
ただ今、確変中のシンボリクリスエス。この後もスプリングSにリクエストソング、阪神大賞典にモンテクリスエスがいたりして、まだまだ勢いは止まりそうもない。

◎レッドヴァンクール
○スパラート
▲エイシンクエスト
△ツルマルジャパン
△ジョーカプチーノ
△アンジュアイル

レッドヴァンクール
フレンチデピュティ系のダート→芝替わりは買いというマイルールから。
プロヴィナージュとかね。
そもそもこのレース自体、ダート使ってる馬の好走も目立つ。
母父のフジキセキの産駒は昨年の宮記念でワンツー。中京1200mは合うのでは。

スパラート
前走の勝ちは非常にいい内容。中京1200mは2着経験もあり、問題なさそう。
何といってもバクシンオーだし。

エイシンクエスト
ダートで500万下を勝利したが、元々デビュー戦は芝で勝利を挙げており、芝でも問題ないだろう。
何度も言うが、ファルコンSは芝でもダートでも走れるような馬が好走する。

日本6-2韓国

終盤までなかなか点は取れなかったけど、今日は全員野球という感じだった。
出てきた選手出てきた選手、みんな活躍出来ていたような。
4番に城島を置いたこと、4番に代打を送ったことで、ジャパンの4番という重圧はかなり軽くなったんじゃないかな。賛否両論になると思うけど、個人的には良かったと思う。

しかし、村田の故障は残念だった。調子良かっただけに…。
追加召集で栗原が来るらしい。いきなりWBC終盤に来て大丈夫なのかが心配だが、是非頑張ってもらいたい。

投手は小松に尽きます。良かった。これは次回いいところでの登板のチャンスがあるかもしれません。
何故今まで使われなかったのか。

次はアメリカ戦。こちらもリベンジマッチ。
もう我武者羅に突き進むのみ!

日本5-0キューバ

キューバには勝てるんだ…。韓国が強いのかキューバが弱かったのか、韓国が苦手なのかキューバが得意なのか、青いのがダメなのか赤いのがいいのか、先制すれば流れに乗れるのか、先制されれば後手後手に回ってしまうのか。

よくわからないけど、
とにかく準決勝進出!やったー!!

とりあえずイチローがヒットを打てば得点に繋がるんですよ。次もイチローのヒット打てるかにかかっていると言ってもいいくらい。
青木は4安打。凄すぎ。

ピッチャーは岩隈、杉内、両者とも安心して見れましたねー。
ほんと投手陣の安定感はやばいです。

明日の韓国戦は言ってしまえば準決勝の対戦相手を決めるだけだけど、負けたくないよね!(`・ω・´)
絶対に負けられない戦いがここにはある!←元ネタなんだっけ?

明日の先発は涌井?小松?マーくん?

日本6-0キューバ

試合ほとんど見れてないんだけど、まさかの0封勝利!
投手陣の安定感は異常。
凄いよね。これは。
0に抑えてるだけじゃなくほとんど打たれる気がしないと言ってもいいくらい。
松坂はやっぱり立ち上がりだけは心配のよう。でも初回を切り抜けたら、後は安心出来た。
3点の援護も大きかったですねー。松坂が先発の時は点が取れるんですね。

打線もイチロー以外は当たりが出てきてるし、いい感じの試合だったんじゃないでしょうか。

後はメキシコさんに頑張っていただきましょう。韓国と当たってばっかりもアレなんで。
どちらも強いチームなんでどっちが来てもいい試合になると思います。

◎ショウナンカッサイ
○レディルージュ
▲スペシャルクイン
★フキラウソング
△アンジュアイル
△アイレンベルク

ショウナンカッサイ
阪神JFでは先行馬総崩れの中、4着に粘る大健闘。
少し距離も長かった感じもあるし、OP特別勝利経験もある阪神1400mに短縮されるのはいいと思う。

レディルージュ
阪神1400mはOP特別で3着経験あり。パワータイプの先行馬というイメージで、今の阪神の芝は合うんじゃないかな。BT産駒はベストオブミーが昨年2着。

スペシャルクイン
ダートで連勝しているが、芝でも好走経験あり侮れない。
フィリーズレビューはベストオブミーやアマノチェリーラン等、前走ダート戦を使った馬が度々激走してる。

フキラウソング
恐らくクロフネ産駒に多い外枠巧者。
前回走った芝レース、阪神JFは出遅れてレースにならならかったので度外視。
ダート適正のある馬が激走するレースだし、注意が必要。

◎ヤマニンエマイユ
○ヤマニンメルベイユ
▲アルコセニョーラ
△キストゥヘヴン
△キャッチータイトル

ヤマニンエマイユ
1800mは府中牝馬Sで0.5差の6着で、ベストは1400mだが、1800mでも問題ない感じ。
むしろ根幹距離よりも非根幹距離の方が合ってそうなタイプでマイルより相性がいいかもしれない。
血統的に中山1800mは合いそうだし、牝馬限定戦なら。

ヤマニンメルベイユ
いつも秋は成績が下降するので、前走は度外視。
昨年の勝ち馬だし、順当に。

アルコセニョーラ
新潟記念勝利後、苦戦が続いているが、前走はダートで度外視、それ以外も勝ち馬と1.0差以内には差を詰めており、展開次第では一発あり。

◎メイショウクオリア
○フサイチアソート
▲ヤマニンキングリー
★ホッコーソレソレー
△トウショウウェイヴ
△レッツゴーキリシマ
△バトルバニヤン

ちょっと多くなったけど。

メイショウクオリア
京都2200mというか京都新聞杯と中京2000mはリンクしている感じ。
昨年は京都新聞杯勝ちのタスカータソルテが勝利。
それ以外もトーホウアランやインティライミが京都新聞杯を勝って、中京2000m重賞でも好走している。
父マンハッタンカフェはセラフィックロンプが中京2000mの愛知杯勝ちあり。(今回も出てるけど)
そもそも全く評価していなかったのですが、近走思っていたよりもまずまずの成績を残しており、このメンバーでハンデ戦ならば好勝負可能だと思う。
問題は個人的に鞍上との馬券相性が悪いんですよねー。

フサイチアソート
平坦小回り巧者。前2走は東京、中山で合わなかったのだろう。
中京2000mは中日新聞杯でヤマニンキングリーにクビ差2着。
ここでも好勝負は可能だと思う。

ヤマニンキングリー
ハンデG?なら安定感抜群。

ホッコーソレソレー
復帰後、2ケタ着順が続いているが、ここ3走は着順ほど負けておらず、少しずつ良化している感じ。
中京記念は3着に人気薄が来ることが多いので、3着に入ってくるのはこういう感じの馬だったり。

日本0?1韓国

あんまり書く気起きないけど。
相手のミス多かったのになぁ。
先頭打者への四球は点に響くんですよね。
ちょっとこっちの投手は四球が多かったですし。

なんか今日は見てて4?6番が期待できなかったなぁ。

イチローも最後はヒット打てたけど、そんなのでOKなレベルの選手じゃない。
この人が出塁してこそのジャパンだと思うので。
中島が調子いいだけに前後のバッターが頑張らないとね。

◎レオウィザード
○セイウンワンダー
▲ロジユニヴァース
△アーリーロブスト
△ケイアイライジン

レオウィザード
5年前の2着メイショウボーラーと同じタイキシャトル産駒。
弥生賞はマイル前後の方が合ってるんじゃない?という馬でも好走できる2000mのレース。
前走は前が速くなりすぎて参考外。
パワーが要求される中山2000mの中でも弥生賞はスローの瞬発力勝負になりやすく、先行馬に向きやすい展開となるはず。
相手は強力だけど。

日本14?2韓国

コールド勝ち!で第2ラウンド進出!

初回のイチローのヒットで流れを引き寄せました。
初回の1番打者の一本のシングルヒットで流れが傾くという…。
イチローという存在の凄さを改めて実感。2打席目のセーフティも流石の一言。
痺れました。

今日の試合は中島に尽きると思う。MVPでしょう。
守って良し、繋いで良し、チャンスメイクもしたし。
一番ノリに乗ってる打者ですね。ほんと一皮剥けて凄い選手になったなぁと感じます。

村田はダメ押しホームランだけでなく、サードの守備がかなり機敏でした。
守備危ないって聞いてたけど、全然そんな事なかった。

内川もスタメン1打席目で結果を出した。
しかも裏にツーラン打たれただけに価値の非常にある2点タイムリーだったと思います。

横浜大活躍ですね?。

城島もホームラン打って、打撃への心配はなくなったかな。
ただ何かポロポロキャッチングミスが目立ったのが…。
岩村はヒットこそ出なかったけど、四球で繋いでたので、中国戦よりは良かった。

やっぱメジャー組の心配はいらないか。

小笠原は左投手にタイミング合ってなかったですね。
稲葉でなく小笠原を内川と併用で使うべきかな。

しかし中国戦での打線の不安はなんだったんだ…。
やっぱりイチローが打たないと乗らないのかな。

投手陣は特に。
松坂の2回までは恐かったけど、それ以降は安心して見れたかと。
投手力はかなり高いと思う。
岩田はちょっと力入り過ぎてたけど、もう大丈夫でしょう。
最後のカーブ?は誰も打てないっしょ!

明後日、韓国か中国かわからないけど、今日の内容を見る限り負けない。…はず。

◎サクラミモザ
○カウアイレーン
▲ブエナビスタ
△ジェルミナル
△ブロードストリート

サクラミモザ
芝は初だが、阪神1600mは急坂や直線の長さでパワーやスタミナが要求されるコース。
特に3歳牝馬は長い距離やダートでの好走歴がプラスになりやすい。
無敗のティンバーカントリー。これはティンバー産駒ファンにはたまらない(笑)

カウアイレーン
過去にアドマイヤキッスが未勝利勝ちから休養明けで勝っているので、あまり実績は気にしてない。
内容は新馬戦はミクロコスモスのクビ差。未勝利戦はさっと抜け出し快勝と能力の高さが伺える。

ブエナビスタ
能力は認めるが、スペシャルウィーク×カーリアンなんて信用したら負け…。だと思う。

ブロードストリートは本番向きそうなだけに権利くらいは取りたいところ。

◎サープラスシンガー
○アイルラヴァゲイン
▲ヘッドライナー

シルクロードSで負けて強しの内容だったサープラスシンガーを素直に信頼。
中山芝は4戦2勝2着2回。

相手には中山1200m巧者のアイルラヴァゲイン。一昨年の勝ち馬。

近走芝のレースでも結果を出しているヘッドライナーにも期待。

日本4-0中国

勝ったけど、内容は良くないよね。
確かに中国がレベルアップしている事はしているが、プレー自体が雑すぎて付け入る隙はありすぎたはず。
それなのにそれなのに(RADWIMPS的な意味で)、4点しか取れなかったのはどうなんだろう。
正直、台湾や韓国はもっとレベルが上なワケで。
まだ本調子ではないにしても、こういう相手のミスから点を取れないとなると…。不安かな。

イチローさんはサイクルゴロ達成。打ち急ぎすぎ、糞ボールに手を出しすぎと内容も最悪でした。
ただイチローよりも岩村、城島の方が内容は酷かったと思う。
城島ってダイエー時代にあんな状態なの見たことなかっただけに少し残念。
岩村なんて守備も恐いし。やっぱり西岡とか松井稼とか外したのダメだったんじゃないかと思ったり。
言ってもメジャー選手だし、修正できるはず。と思いたい。

投手陣は良かったですね。球児の良さは調子悪くてもそれなりに抑えれるという部分だと思ってるので、あまり気にしてない。ただ見てる方は超不安かも(笑)

まぁさらに上を目指すのならば、課題がいっぱい残った試合でした。


無題


PAT、100円だけ余ってたので(悲しすぎる)買ってみたら…。
たまにはね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。