blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎クラウンプリンセス
○ハートオブクィーン
▲ニシノマナムスメ
★タイキマドレーヌ
△レインダンス
△ザレマ

過去の連対馬の血統を見ると、ヘイロー、ミスプロ、リファールがほとんどを占めている。
昨年はサンデー(ヘイロー)系×ミスプロ系のワンツー。

クラウンプリンセス
連対経験が1400?1800mなので、前走はちょっと距離が合わなかったのかも。
連対経験のある京都マイルになるのはプラス。
洋芝で勝利経験があるので、展開さえハマれば道悪もこなせそう。

ハートオブクィーン
昨年ワンツーだったヘイロー×ミスプロ。
いつ走るかわからないが、桜花賞4着やターコイズS4着等があり、さらに道悪ならば函館2歳Sで重賞を勝っており、侮れない。

ニシノマナムスメ
こちらもサンデー×ミスプロ。
京都マイルといえばアグネスタキオン。
前走は展開向かなかったとはいえ、ヴィクトリアマイル以降のレース内容があまり良くないのが気になるが…。

タイキマドレーヌ
牝馬限定戦ならそんなに崩れてないし、そもそも前走、前々走は適コースとはいえないレースだった。
一度叩いての変わり身にも期待したい。
スポンサーサイト

◎ブイチャレンジ
○アドマイヤスバル
▲ヒシカツリーダー
△ビクトリーテツニー
△バンブーエール
△ニシノナースコール

ブイチャレンジ
東京ダート3連勝中。
メンバーは揃ったが、成績が安定しないスキャン産駒で、人気薄ならば魅力の方がいっぱい。

アドマイヤスバル
東京ダ1400mでは安定感抜群の成績。
かなり人気しちゃうだろうが、逆らわずに。

ヒシカツリーダー
昨年まで行われていたガーネットSと同時期同コースの前走勝ち。
ガーネットS勝ち馬は根岸Sでも相性良いので期待。


◎アブソリュート
○ローレルゲレイロ
▲ファストロック
★ショウナンアルバ
△サイレントプライド
△ゲイルスパーキー


ちょっとどれが来ても驚けないレース。混戦。
さらに開幕週の雨予報ときた。もう訳わからん事に。
前回、東京新聞杯で道悪だった時は、母父ノーザンテーストでワンツーだった。
タフな流れになれば、エルコン、グレイソヴリン、ノーザンテースト、ニジンスキー等が浮上する。

本命はアブソリュート
血統的にはノーザンテースト持ちのグレイソヴリンが強く出てるタニノギムレット産駒と相性は良さげ。
開幕週で後ろ過ぎると届きにくいかもしれないし、今回のメンバーは前々の競馬でしぶとく残りたいタイプが多いので、この馬の望む展開になるかも。

ローレルゲレイロ
昨年の勝ち馬。同型多いが…。

ファストロック
この馬も前々で踏ん張りたいタイプだが、ローレルゲレイロやサイレントプライドを見ながら競馬出来そう。道悪向きそうなタイプで。

ショウナンアルバ
近走まともなレースが出来てないがいきなり復活するのがヌレイエフ。道悪も得意そうで一発あっても。人気するなら見送り。

◎ネイキッド
○マイネルアワグラス
▲サンライズバッカス
★タガノエクリプス
☆エスポワールシチー
△ナナヨーヒマワリ

ネイキッド
血統的に推す部分はあまりないが、勢いのある馬が勢いのまま勝ってしまうレース。
京都ダ1800mは着外経験なしの安定感。エスポワールシチーの影に隠れそうな人気に落ち着きそうで狙いどころはここ。

マイネルアワグラス
昨年5着。昨年の今の時期より力をつけているし、適性のある馬が何度も好走するリピーターレース。
昨年より上の着順になっても。

サンライズバッカス
京都ダ1800mは安定感抜群。前行く馬に有力な馬が多いため展開向きそう。

タガノエクリプス
こういう内枠フジキセキはちゃっかり着を拾ってくるので、人気薄では要注意。

エスポワールシチー
先行馬が多く、マークがきつくなる今回が試金石か。
ここを厳しい展開でちょい負けくらいすると、GIで巻き返しそうなんだが、勝たないと賞金たりなさそー。

ナナヨーヒマワリ
後ろに有利な流れになりそうなので一応押さえておく。

◎アルナスライン
○エアシェイディ
▲ネヴァブション
△キングストレイル

アルナスライン
AJCCはアドマイヤベガの得意なレース。内枠もプラス。
有馬記念3,4,6着の争いだと思ってるので、この馬とエアシェイディで何の問題もないはず…。

エアシェイディ
年々力をつけているような戦績。05年2着、昨年1着の好相性なレースで逆らえず。

ネヴァブション
同じ父のシルクフェイマスが復活した舞台で、そろそろ馬券圏内に来ても…。

キングストレイル
中山2200m連対率100%馬。

◎ホワイトピルグリム
○ヒカルカザブエ
△アドマイヤモナーク
△タガノエルシコ
△マイネレーツェル
△ドリームフライト

ホワイトピルグリム
菊花賞で穴にした馬。
母父はヨーロピアンのエリシオで、距離もクラシックディスタンスくらいがいいだろう。
ハンデG?なんてもってこいな感じがする。斤量も魅力的で期待したい。

ヒカルカザブエ
ジャガーメイルやオウケンブルースリのように、ジャンポケ産駒は条件戦でくすぶっている馬が急に連勝しだして本格化する。
この馬もその1頭じゃないかなと。
連勝中のジャンポケには逆らうなという事です。フサイチホウオーだって連勝してたんだ!

もうこの2頭だけでいいやって感じなので、後は3連複の相手にしとこうって馬を△にしてます。

◎ケニアブラック
○サトノエクスプレス
▲サンライズキール
☆セイクリッドバレー
△アーリーロブスト
△ファインビスティー

ケニアブラック
中山といえばジャンポケ産駒。というくらい急坂小回り向きの父。
うん、まぁそれだけ。OP実績のある馬の少ないレースだし…どっから狙っていいかわかりません。

サトノエクスプレス
母系が渋いので、距離延長、中山の2000mなんてピッタリじゃないかと。
◎○は新馬戦で一度対戦していたりする。

サンライズキール
今、流行のマンハッタンカフェ産駒。いきなりポンポンと勝ち上がっていくのは、シンザン記念でアントニオバローズが証明。
個人的にもっと中山向きの産駒が出ると思っていたが。

セイグリッドバレー
中山2000mは2着1回、3着1回。2度とも勝った馬は同じなので、一概には言えないが、中山2000mはどんなメンバーで走っても、勝ちきれない気がする…。

1着○アントニオバローズ
2着▲ダブルウェッジ
3着△トップカミング
4着△ミッキーパンプキン
5着◎タキオンクール

何でこんな時に限って、いつもいつも◎からしか買ってないの?
バカなの?

…orz

◎タキオンクール
○アントニオバローズ
▲ダブルウェッジ
★ツルマルジャパン
△トップカミング
△ミッキーパンプキン

タキオンクール
京都マイルが向きそうな切れるタイプのタキオン。
中京2歳S組は同じタキオン産駒のアドマイヤオーラ、ダイワスカーレットでワンツーしてる。

アントニオバローズ
これまたシンザン記念でよく来てるサンデー×ミスプロ系。昨年はミスプロ×サンデーでワンツー。
素質あるし、血統的にコース適性も問題なし、有力だろう。

ダブルウェッジ
過去、タマモホットプレイが2着に来てたりで、スプリントタイプの馬でも活躍できるこのレース。
京都マイルをペールギュントで一発みせている鞍上。
要注意しておくべきでしょう。

ツルマルジャパン
前走は掛かって勝負にならず。折り合いつけば能力は足りているはずなので一発あるか。

◎アイアムネオ
○イルドロール
▲イナズマアマリリス
△ジェルミナル
△エリザベスムーン

アイアムネオ
ネオユニヴァースはまだ産駒数が少ないので、決め付けるのは早いかと思いますが、ロジユニヴァース、ミクロコスモスと新馬勝ちから一気に重賞に格が上がっても苦にしないタイプかも。
もう2世代しかいないアドマイヤベガの代わりにそうであって欲しい。狙いやすいから。

イルドロール
中山マイルはダートが向くくらいのパワーが必要なので、ゴールドアリュール産駒。というベタな狙い方。ダートを2戦経験してるのもいいんじゃない?

イナズマアマリリス
正直JFで5着に残るとは思わなかった。現時点での完成度は高い。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もマイペースに平日更新、追われるように土日予想更新を続けていきたいと思います。
もう今年でブログ6シーズン目なんですよね。月日過ぎるの早い…。

さて、考察にいきましょう。
シンザン記念のイメージは、

朝日杯FS組がよく来る。
500万下で好走しているのに人気がない馬。
オープン特別勝ってきてる人気馬は危険。

全部データですね。

血統いきましょう。

京都マイルといえば、アグネスタキオンが好成績だったような。
ダンスの京都マイルってあんま聞かないな?って思ったら条件戦ではそこそこ走ってる模様。
マッキーマックスがこのレースで2着だった…。
でも適性は1800m>マイルなはずなので、カボチャさんは萩Sほどのパフォーマンスは出来ないだろう。
というか、サンデーが入ってる馬ばっかり好走してますね。
昨年はミスプロ×サンデーでワンツー。
過去5年でサンデーじゃないのは、ゴウゴウキリシマとマイネルハーティーのみ。

そんな感じです。
推奨馬はミスプロ×サンデーのアントニオバローズとアグネスタキオンのタキオンクールにしときましょう。

◎コンゴウリキシオー
○アドマイヤオーラ
▲マルカシェンク
★エーシンフォワード
△ファリダット
△バトルバニヤン

しぶとい先行馬が粘って、瞬発力のある差し馬が2?3着で終わる。というパターンが多いレース。
先行馬に今回当てはまりそうなのがいないので、往年の力を信じてコンゴウリキシオーを本命に。同コースのGIマイルCSは先行馬にはツライ展開になってしまったので度外視していいだろう。
アドマイヤオーラ
昨年2着。今年は故障明けの叩き初戦になるのがどうだろうか?

マルカシェンク
出遅れたり、前がつまったりで成績が安定しないが、このメンバーなら上位。
このレースは2年前4着。

エーシンフォワード
ファリダットとNHKマイルCでは大差なかった。今回ファリダット56kgに対してこちらは54kg。一発あっても。
成長力?何それ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。