blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近のパターンとしては、夏使っていた馬の激走が目立つ。
恐らく理由は、休養明けの有力馬は、JCやマイルCS、有馬記念や香港を先に見据えていて、絶好調にもっていきづらいという事、夏使っていた馬はその先のレースへお釣りがない為、秋天へ調子を合わせやすいというのがあると思う。使い詰めに強いから夏を使ってるってのもあるだろうし。

今回夏に使ってた馬たち。
エリモハリアー
キングストレイル
タスカータソルテ
トーセンキャプテン
ドリームジャーニー

うーん、なんか微妙。ドリームジャーニーは人気背負いそうですし…。

他に挙げるならば、毎日王冠ちょい負け組に妙味を感じるが…。
3着アドマイヤフジ
4着サクラメガワンダー
5着カンパニー
6着オースミグラスワン
7着ハイアーゲーム
8着トーセンキャプテン

ハイアーゲームは2走連続で出遅れ、休み明けで走るタイプでもないので、巻き返せるか?
出遅れ癖と今回のメンバーではさすがに本命とはいきませんが。内枠に入るようなら押さえるべきではないでしょうか。
上記両方で名前の挙がったトーセンキャプテン
昨年の安田記念以来掲示板を外していないサクラメガワンダー
昨年3着カンパニー
広いコースなら末脚爆発するオースミグラスワン
最近、札幌記念好走組は相性いいのでタスカータソルテ

ここらへんを推奨。
結構伏兵は粒揃いなんですが、3強の実力が圧倒的に抜けているため、全部押さえるのはちょっと穴狙ってる意味がないので、この中から1?2頭選ぶのがいいかなと思ってます。

3強からは休み明けは走らないとされるロベルト系ながら、好内容で2着にまとめたウオッカが一番有力でしょう。ダイワスカーレットは久々過ぎるし、ディープスカイは初の古馬戦という事で。
スポンサーサイト

ここ3年の菊花賞の予想結果

06年
1着…ソングオブウインド 
2着◎ドリームパスポート 
3着△アドマイヤメイン

07年
1着…アサクサキングス
2着◎アルナスライン
3着○ロックドゥカンブ 

08年
1着…オウケンブルースリ
2着◎フローテーション
3着△ナムラクレセント


…なんだこれ。
05年も含め、4年連続で本命馬が馬券圏内に絡んでるのに当たってないとか。
3年連続で1着抜けでーす。

ついでなんで、今年の回顧を軽くしとこう。
オウケンブルースリ、早くもジャンポケの後継馬が。この先古馬と走ってどうかはわからないけど、長距離馬ではないだろうし、強いかも。
フローテーションはこの馬にとっていい流れになりましたね。
前崩れの中、先行して粘ったナムラクレセントのスタミナは異常です。
ロードアリエスはいかにも目黒記念、アル共で待ってますという感じ。

ここで好走した馬はみんなフロック視とかメンバーが手薄だったとかで人気ならないんでしょうねー。

◎フローテーション
○ミッキーチアフル
★ホワイトピルグリム
△ナムラクレセント
△スマイルジャック
△ダイワワイルドボア

フローテーション
菊花賞で強いニジンスキー。母父はスタミナ溢れるリアルシャダイ。
ズブズブながらも毎回堅実にジリジリと走るその姿は真のステイヤー?
ダービーでもあの位置取りから8着まで追い込んでおり、このメンバーならと思わせる。
前走は叩き台だと思っているんで、度外視で。
不安な点は血統がベタすぎなところと、もう一回叩いた方がいいような気がするような…。

ミッキーチアフル
菊花賞で強いニジンスキー。父はシンボリクリスエス。
前走は有力馬に早めにスパートされ、先行していたこの馬にとっては厳しい展開となった。
神戸新聞杯の着順、菊花賞で逃げたシャドウゲイトに似た馬(アグネススターチのことかーっ!)がいる事が、母父が同じアドマイヤジャパン(2着)を彷彿とさせるんですが、どうでしょうか。

ホワイトピルグリム
神戸新聞杯が2000mで行われていた時代、着外の馬が良く菊花賞で巻き返していた。(ヒシミラクルとかアドマイヤジャパンとか)。朝日CCは過去にオペラシチーが7着から3着に巻き返したりしており…。
この馬も朝日CC7着なので、着順から考えて面白いかも。
母父はヨーロピアンのエリシオ。近年はヨーロピアン血統の活躍が目立つ。
展開向けば一発ある。

ナムラクレセント
母系からみて、長距離適性ありそう。ヤマニンセラフィムにGIで好走できる底力があるかどうか。

スマイルジャック
折り合い欠いて惨敗が目立ってきているが、実績はここでは一番。
折り合えば充分勝ち負け。

ダイワワイルドボア
アグネスタキオンの3冠がかかっているらしい。
ノットアローンが距離持つとは思えないので、こちらを。

10分足らずで書いたらただでさえ多い誤字脱字がえらい事になってたので修正。こちらでトラバまわります。

◎フローテーション
○ミッキーチアフル
★ホワイトピルグリム
△ナムラクレセント
△スマイルジャック
△ダイワワイルドボア

フローテーション
菊花賞で強いニジンスキー。母父はスタミナ溢れるリアルシャダイ。
ズブズブながらも毎回堅実にジリジリと走るその姿は真のステイヤー?
ダービーでもあの位置取りから8着まで追い込んでおり、このメンバーならと思わせる。
前走は叩き台だと思っているんで、度外視で。ただもう一回叩いた方がいいような気がするような…。

ミッキーチアフル
菊花賞で強いニジンスキー。父はシンボリクリスエス。
前走は有力馬に早めにスパートされ、先行していたこの馬にとっては厳しい展開となった。
神戸新聞杯の着順、菊花賞で逃げたシャドウゲイトに似た馬(アグネススターチのことかーっ!)が母父が同じアドマイヤジャパンを彷彿とさせるんですが、どうでしょうか。

ホワイトピルグリム
神戸新聞杯が2000mで行われていた時代、着外の馬が良く菊花賞で巻き返していた。(ヒシミラクルとかアドマイヤジャパンとか)。朝日CCはオペラシチーが7着から3着に巻き返したりしており…。
この馬も朝日CC7着なので、着順から妙味があるか。
母父はヨーロピアンのエリシオ。近年はヨーロピアン血統の活躍が目立つ。
展開向けば一発ある。

この3頭を軸に手広く買っていく予定。△は暫定。というか書く暇がなかったり。
気が向けば後で追記します。…しないかも。

◎マイネルポライト
★サブジェクト

マイネルポライト
昇級の前走勝利の休養明けアドマイヤベガ。
マイラーズCではエイシンドーバーと差のない競馬してる。

サブジェクト
意外とマイルで変わったり。早めに動ければ勝ち負け可。

人気上位馬をどれ切ろうか考える暇がないのでこの2頭だけ推奨。
キネティクスが過去に激走しているが、基本的にあんまり荒れないレースだと思っているので、人気で決まるかも。

混戦菊花賞。GI馬がいないってのもあるけど、ノリさんや武さんの乗る馬が人気薄なところが波乱を呼びそうな気がする。

このレースのイメージといえばディクタス、ニジンスキーなんですが、
サンデー×ヨーロピアンで纏めた方が好走例多い。
オペラハウスとかカーネギーとかサドラー系も結構来てるので、
そういう血統の馬を推奨馬に挙げておきます。

※アインラクス
アグネススターチ
※シゲルフセルト
スマートギア
※フローテーション
ベンチャーナイン
ホワイトピルグリム
※ミッキーチアフル
ナムラクレセント

※はニジンスキー、ディクタス持ち。
500万下勝ちしかない馬は出走できるかわからないので省きました。
アインラクスも現時点では出走厳しいんですがね。

ナムラクレセントはヨーロピアンではないのですが、母父サクラショウリ。サンデー×昔の長距離重視の日本血統っぽいので長距離は面白そうかなと思い入れてみました。

この上記の中で◎と○と★がいます。確定のつもりです。
うち2頭はニジンスキーです。
後は今週もフレンチデピュティをなめるなよとだけ言っておきましょうか。(それもバレバレ)




◎ムードインディゴ
○レジネッタ
▲オディール
★プロヴィナージュ
△トールポピー
△ブライティアパルス

ムードインディゴ
秋華賞に一番適性がありそうな馬。
ロングスパートレースになりやすい秋華賞で長く決め手のある脚を使えるので。
問題は最内と連続好走が出来るか。ですが…。

レジネッタ
安定感抜群。オークスよりは秋華賞向きだろう。
前走はいかにも休み明けという内容で一度叩いて上積み見込める。

オディール
クロフネ産駒なので、外から競馬出来るのはプラスか。
前走は伸びない内を通ったもの。オークスは不利。
実力なら劣っていない。

プロヴィナージュ
ダート→芝替わりのフレンチデピュティ。いきなりGIってのは厳しいかと思うが、ラジオNIKKEI賞を見る限り芝でも問題なさそう。フレンチ×サンデーなので福島より京都の方が向くだろうし。

トールポピー
トライアルではいつも今一歩だが。GIになるとしっかり変わるので。
勝負強さはトップクラス。

ブライティアパルス
両隣がマイネレーツェル、トールポピーなので、すんなり前に行けそうな感じ。
別路線組で一番魅力があるのはこの馬か。
頑張れダイタクリーヴァ!

◎ヤマニンメルベイユ
○マイネカンナ
▲カワカミプリンセス
△ヤマニンエマイユ
△キストゥヘヴン

ヤマニンメルベイユ
今年に入り本格化。前走内容からも、このメンバーに入っても安定した成績を残せるんじゃないでしょうか。

マイネカンナ
1800m巧者。なんでこんなに人気ない?
メンバーは強力だが、相手なりに走ることが出来るので要注意。

カワカミプリンセス
広いコースは向くが、あまり東京のような軽い馬場は合わない気がする…。
地力を評価して▲。

◎トップカミング
○ホッコータキオン
▲キングスレガリア
★ピースピース

トップカミング
昨年2着のタケミカヅチと同じゴールドアリュール産駒。距離延長で未勝利を勝っており、マイルへの延長なら対応出来るか。もしかするとマイル適性があるのかも知れないし。

ホッコータキオン
評判馬プロスアンドコンズに勝利。同じくプロスアンドコンズに勝利したロジユニヴァースが重賞勝ったのを見ると、現時点での完成度は高い感じ。

キングスレガリア
レースの度に着順を上げており、要注意。
デ杯はこういう未勝利勝ちの馬が激走しやすいんで。

ピースピース
小牧騎手と言えばペールギュントが頭から離れません。

本当はこのレース、新潟2歳Sと出し入れが出来るんですが(タケミカヅチが新潟6着→デ杯2着、マルカハンニバルが新潟4着→デ杯3着、ショウナンパントルが新潟2着→デ杯5着)、今年は該当馬いねー。

昨年から前哨戦のローズSが1800mになりました。
昨年は上位実力馬が抜けて強かったとはいえ、ローズS組が秋華賞で1,2,4着。
意外と本番に繋がるのか?

京都2000mってロングスパートが出来るコースで、ダンスだとかディクタスだとか菊花賞で好走馬を出してる種牡馬の産駒が激走したりする。ダンスは牡馬と牝馬でタイプが全然違うんですが、まぁ気にしない。
今年のローズSはステイゴールド(ディクタス)のマイネレーツェルが1着だったし、本番にも繋がるのではないかと。で、そのローズSで2着だったダンス産駒、ムードインディゴが本命候補なんですがどうでしょ。展開が向かないと好走出来ない、昔荒れてた頃の秋華賞激走馬を思い出させる感じなんですが。

その他の注目馬としては、GI馬のトールポピー、レジネッタ、相変わらず人気しなさそうなエフティマイアに、前走は明らかに休み明けが影響だろうという感じだったレッドアゲートあたりを推奨。




…しかし、府中牝馬Sのメンバーが何気に凄い。
オークス馬2頭に桜花賞馬、オークス2着馬が2頭、秋華賞2着馬に今年のヴィクトリアマイル3着馬。
その他牝馬GI3着馬が2頭、古馬混合重賞勝ち馬…、揃いすぎじゃね?

V逸は残念でしたが、正直采配どうこうのレベルではなかったような。

巨人と比べて生きのいい若手野手もいなかったのがつらかったね。
投手は岩田や石川やアベケンが頑張ったけども。

つーか13ゲーム逆転は歴史的らしいですが、開幕爆走しながら、4位に終わった2002年より全然マシだと思うんですが。当時とは戦力が違うとはいえ。

むしろ今年は監督の采配については当たっていた方ではないかと。

…しかし、監督は勝負師ではなかった。

よく言えば無難なんだけど、悪くいうと、思い切りがない。すぐに安全牌を切ると言った方がいいのかな。
大きく負けないんだけど、流れがなかなか変わらない。その辺が最後逃げ切れなかった原因ではないかと。
過去にいつ打つか予測つかないアリアスを切って打撃の安定感でシーツを獲得した時にわかってた事なんだけど。(実際シーツはムラありまくったが。)

しかし、辞任するほど悲観する内容ではなかったと思う。強いて言うなら中継ぎ酷使くらいか?

次は誰が監督かなー。内部から昇格って話があるが、どうせならこの際、外様でいいんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

◎アドマイヤフジ
○キャプテンベガ
▲フィールドベアー
★ハイアーゲーム
△スーパーホーネット
△リキッドノーツ

ロベルト系のウオッカが秋初戦を圧倒的1番人気で勝つなんて自分には考えられません。
前走の安田記念を見る限り、淀みのない流れでこその馬で、流れが落ち着きそうな今回は微妙な…。

てことで本命は、
アドマイヤフジ
前日12番人気。マジですか。
長い距離ばかり使われているが、1800mは2戦3着2回。…微妙。
意外と広いコースの中距離向きだと思っているんですが。
前半はゆったり流れるだろうと思っているので、距離短縮でペースに戸惑う事はないはず。。

キャプテンベガ
前日11番人気。マジっすか。
重賞でも崩れなくなってきて、流れが落ち着きそうな今回はベスト条件。
夏から使ってきて上積みもありそうです。

フィールドベアー
前走はマツリダゴッホと一緒に上がっていって、3着確保。勝ったタスカータソルテより個人的に評価している。今では実力はここでもヒケを取らない。
瞬発力勝負は分が悪いので、もしかするとペースを握ってしまうのでは。

ハイアーゲーム
安田記念はまさかの出負け。
東京の中距離はベスト条件だが、叩いて良くなるタイプだけに…。
しかし前日14番人気とは…。

スーパーホーネット
瞬発力勝負なら負けられない。
が、今年に入ってスプリント戦を使っていたのが少々気がかり。
△まで。

リキッドノーツ
このメンバー相手では実績は劣っているものの…、東京なら安定した成績。
侮れない。要注意しておくべき。

◎アドマイヤジュピタ
○マンハッタンスカイ
▲アルナスライン
★メイショウカチドキ

そもそもGI勝ち馬を差し置いて、重賞未勝利の馬が前日一番人気ですか。
さすがにここでは完調手前とはいえアドマイヤジュピタは負けないのでは。
マンハッタンスカイは自分のペースでレースを運べそうなので、前走のような事はないはず。
アルナスラインは休み明け初戦(2,0,1,0)。しかし何故一番人気?
ここで好走するサンデー系はGIだとちょっと足りないタイプが多いので、この辺の印で。
メイショウカチドキ、少頭数なんで追い込みが決まったりしませんか?

◎ニホンピロレガーロ
○ヒカリシャトル
▲ソリッドスライダー
★ロードアンセム
△コスモスペシャリー

毎日王冠と京都大賞典の考察はありません。わからんので(ぇ
て事で、大原S。
パッと見た感じ、上位人気はヒカリシャトル以外信用しづらい感じ。
エリモファイナルが休み明けで2着で来てしまう西宮Sは軽視…していいのかな?
少なくともエリモファイナル自体は休み明け激走の2走目、マイル?1800mがベストなだけに、前走からの距離延長はマイナスか。
トウカイルナは小回り2000mは勝利経験こそあるが、それよりも1800mとか外回り向きな感。追い込み馬だけにこの少頭数は向きそうだが…。

本命はニホンピロレガーロ。休み明け、昇級のアドマイヤベガ。この馬自体に休み明け実績はないんですね…。

◎ジョリーダンス
○スリープレスナイト
★スピニングノアール
△トウショウカレッジ
△ファイングレイン
△カノヤザクラ

ジョリーダンス
少々ベタな狙い方ですが、セントウルSちょい負けのこの馬を本命に。
中山1200mは1戦1勝。今回、結構前を主張したい馬が多いので、流れは速くなってこの馬に向きそうな感。ダンス産駒がスプリンターGI勝ってもいいんじゃない?

スリープレスナイト
芝は平坦で勝ってきているが、元々ダートで活躍していたパワー型の馬。クロフネ産駒の連勝時の勢いはフサイチリシャールの2歳時の様に侮れない。クロフネ産駒は基本的に外枠巧者だと思っているので、この枠も歓迎。

スピニングノアール
平坦は中京でしか届かない、前走は前残りと敗因はある。それでも着差ではそんなに負けておらず、勝ち星のある中山1200m、後ろが届く流れになれば一発あり。

トウショウカレッジ
It's a テレンコ。次は走る番。
ラストタイクーンだし、中山GIで内突いて好走なんてことも(オースミブライト?)
元々能力はこのメンバーに入っても遜色はない。

ファイングレイン
内枠巧者。
前走9着からの巻き返し率100%!
宮記念上位組はこのレース相性が悪い?
フジキセキ産駒はまだ一回も馬券圏内に来てない?
そんなのは見つけた瞬間に覆されます。(巻き返し率も含めて)

カノヤザクラ
バクシンオー産駒もフジキセキ産駒並にここで好走した記憶がないのですが、アイビスSD、セントウルSを連勝してきた馬なんて今までいなかったはず。
中山1200mとリンクする新潟直1000m、また別の適性が問われる阪神1200mを連勝したのは力をつけた証拠。

◎テーオーストーム
○ステイマックス
△モエレエキスパート

テーオーストーム
昨年の覇者オリエンタルロックと同じマンハッタンカフェ産駒。
それだけで本命は安易過ぎるが、母父はリアファンでかなりの洋芝巧者と見た。
新馬戦でこの距離経験しているし、問題はない。

ステイマックス
なんかテーオーストームが2着にこの馬を連れてきそうな感じが。
こちらも母父リファールで洋芝巧者。
ステイゴールドの今年の重賞での一発は侮れない。

モエレエキスパートはかなり現時点での完成度が高そうなので、一応押さえに。

◎マイネルマニセス
○マイネルテセウス
▲ダークメッセージ
△ワンダースピード
△メイショウシャフト
△ダノンビクトリー

ダート中距離路線のGIじゃ足らない馬たちが揃ってきた感じ。
この路線はヤマトマリオンが東海Sを制したりしてて、芝で実績を残してきた馬がダート適性を見せて激走したり、上がり馬、(このレースはハンデ戦なので)条件馬にもチャンスがあるのでは。と思う。
まぁそういう3頭が◎?▲なんですが。
◎○は先行馬が残りやすい阪神ダ2000mで前々で競馬出来る点が魅力。
ダークメッセージはダンス産駒なのでダートでマクる競馬が出来そうな感。

考察1だけど2や3があるかは微妙。

スプリンターズSのイメージは…

サンデー×ノーザンテースト
ダンチヒ系
がよく好走。
しかし、一番好走しているのは、ゴツイ、パワー型の先行馬だという事。特にミスプロ系の先行馬。
サイレントウィットネスなんてまさにそれ。

逆に快速馬というイメージの馬はあまり好走しないイメージ。

後は新潟直1000mというのはタフなレースになりやすい為、アイビスサマーDで好走できた先行馬はここでも期待できる。

パッと目に付いた上記にあてはまる馬は…。

アイルラヴァゲイン
カノヤザクラ
サープラスシンガー
シンボリグラン
ジョリーダンス
スピニングノアール
スリープレスナイト
トウショウカレッジ
ビービーガルダン
プレミアムボックス
マイネルレーニア

うーん、多いなぁ。安易にこの中だけで印を決めてしまうのもどうかと思うので、またゆっくり考えます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。