blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神4-2横浜
阪神4-3横浜
阪神7-0横浜

3タテ!投手が頑張ったのもありますが、やはり打線1番?3番が機能してるからでしょう。
平野の存在は大きいですね。きっちり仕事をこなせるタイプ。打率はあまり期待してないけど。
スポンサーサイト

◎キンシャサノキセキ
○プレミアムボックス
▲スーパーホーネット
△スズカフェニックス
△ブラックバースピン
△フサイチリシャール

今年の中京は内側もいい状態らしい。毎年のように来てる外枠も今さらコース的に不利とか言えないので、案外枠順は気にしない方がいいかも。馬によって内枠がよい外枠がよいってのはあるかもしれないですが。

キンシャサノキセキ
1200m経験のないサンデーがよく好走するこのレース。ですが今年は該当馬なし。
ならばサンデー産駒ではないが、マイル以上ではチグハグなレースが続くこの馬に注目したい。
1200m経験は3着1回で適性としては微妙…。ですが、折り合いをつけるのが難しいこの馬にとって距離短縮はプラスとなるはずで、左回り実績から中京も問題なさそう。このレースでサンデー系に大事なのは鮮度。その鮮度に期待したい。
※訂正:1200mはデビュー戦で一度勝利してました…。

プレミアムボックス
前走は前残りで展開利もあったが、きっちり最後逃げ馬を差し切る良い内容。
勢いに乗るアドマイヤベガ産駒、一気にメンバーは強化されるが好勝負を期待したい。

スーパーホーネット
1200mは初だが、ロドリゴなので平坦1200mは問題なさそう。
休み明けの成績も良く、充実している今、メンバーが薄いスプリント路線ならいきなり好走も可能。

スズカフェニックス
1枠は決していい枠とは言えないが、前走で馬群割っているし、大きなマイナスとは言えなさそう。
連覇は今までないが果たして…。

ブラックバースピン
時計のかかる馬場になれば。雨が降るかもしれないので、一発注意で△に置いておきたい。

フサイチリシャール
スプリント戦ならば大崩れはない。ただ早め先頭で最後の直線で目標にされてしまいがちなのが。




日経賞

◎トウショウナイト
○アドマイヤモナーク
▲シルクフェイマス
△マキハタサイボーグ
△タスカータソルテ

トウショウナイト
日経賞は過去3年、2着、4着、2着。AJCCで復活し、調子は悪くないはず。
崩れることは考えづらい。

アドマイヤモナーク
昨年5着。今の充実ぶりならG?でも問題なさそうだ。

シルクフェイマス
前走は展開向いたが、能力の衰えのないところは見せた。今回も人気がないようならば一発期待。

マキハタサイボーグ
ステイヤーズSを勝ってるように中山は相性いい。連続好走するタイプでもないので毎回△あたりにしておくのが妥当な感じ。

タスカータソルテ
中山2500mというコースは血統的に合いそう。前走よりメンバーが強化されるのがどうかなぁ。



毎日杯

◎ヤマニンキングリー
○マイネルスターリー
▲ディープスカイ
△オースミスパーク
△ロスペトリュス

◎○で決まりかなと思っていますが、2頭とも人気薄での好走が続いていて、今回人気背負って微妙な感じもしないでもない。ので少し印を追加。アーリントンC3着のディープスカイの安定感、オースミスパークを距離延長でもう一度、ロスペトリュスは逆に距離短縮で変われるかも。

スプリングS 

◎ドリームシグナル
○レッツゴーキリシマ
▲ショウナンアルバ
△アルカザン
△サダムイダテン
△アイティトップ

毎年追い込み馬ばかり来てる気がするスプリングS。今年はスロー濃厚ですが。

ドリームシグナル
本命はこの馬。今年のシンザン記念は近年では珍しくハイペースの上がりのかかる展開になった。
今回も上がりのかかる展開になれば浮上出来る。前残りにならなければ。ですが。

レッツゴーキリシマ
平坦から急坂になるのはプラス。朝日杯連対馬のスプリングS成績は悪くないはず。

ショウナンアルバ
共同通信杯は内容良かった。中山1800mで勝利経験もあり逆らいづらい。




阪神大賞典

◎チャンストウライ
○トウカイトリック
▲アイポッパー
△トウカイエリート
△ポップロック
△メトロシュタイン

チャンストウライ
芝成績はイマイチだが、2歳時のもの。
サンデー系のダート馬は芝ダ兼用が多かったりする。
この馬の場合、芝だと素軽さが足りないだけで、長距離だったら対応できるかも知れない。ダートでだけどマクリ強烈。
ミツアキサイレンスくらい頑張ってくれませんかね?

トウカイトリック
長距離なら崩れない。説明不要。

アイポッパー
前走からどこまで巻き返しが出来るか。長距離なら安定感抜群。

◎ムードインディゴ
○ブラックエンブレム
▲マイネウインク
△シングライクバード
△ハイエストホワイト
△レッドアゲート

ムードインディゴ
前走チューリップ賞では上位馬と差のない競馬。ダンス産駒なので中山1800m競馬しやすい条件で上積み期待。

ブラックエンブレム
前走快勝。葉牡丹賞では牡馬クラシック有力候補マイネルチャールズと接戦の3着。牝馬限定戦なら負けられないところ。

マイネウインク
アネモネ賞@シャランジュを見て、クイーンCの差し損ねは意外と次走好走していったりして。
スペシャルウィークなのであまり中山で推したくはないが。

フィリーズレビュー

◎エーソングフォー
○エイムアットビップ
▲エイシンパンサー
△ラベ
△レジネッタ

エイムアットビップは実績は1番だが熱発明け。本番を見据えているのならばここは大事にくるはずで、本命にはしづらい。
本命はエーソングフォー。先行馬が壊滅の中ただ1頭掲示板に残ったフェアリーSが非常に印象強い。ベストは前走勝ったように1400m。前述のフェアリーSで健闘してるように急坂も苦にしない。



中山牝馬S

◎レインダンス
○ニホンピロシェリー
▲アルコセニョーラ
△コスモマーベラス

レインダンス
前走の敗因はわからないが、能力はレベルの高い4歳牝馬でもトップクラス。
若干ジリ脚な感じがするので直線の長いコースやマクリの利くコースの方がいいと思うが、脚質自在でどのペースでも対応出来るので大崩れはないだろう。

ニホンピロシェリー
アドベガの昇級、中山。休み明けも問題なさそう。ローズSで差のない競馬しており、ハンデ重賞なら充分通用するでしょう。
女は行動力!たぶん…いや絶対そのシェリーではないと思いますが。



◎ダイワシークレット
○セレスハント
▲テンシノボストン
△ナリタアタッカー
△コスモランゲル
△シルクビッグタイム

ダイワシークレット
このレースはダート適性のある馬が好走しやすいので、ダートで2勝しているこの馬に向くはず。
先行力も魅力で、ファルコンSが3月になってから先行馬が残りやすくなった。そもそも1200mに限れば崩れていない。得意条件で巻き返し可能。

セレスハント
距離短縮がプラスに出そうな馬。まぁなぜ対抗かというとダイワシークレットと同系だからです。
ワンツー狙い。フェブラリーSでもそんな事言って外してた気がするが気にしない。

テンシノボストン
2?3歳のスプリント戦といえばボストンハーバー。一昨年前のアイアムエンジェルが2着に好走してる。4着ウエスタンビーナスだって外枠じゃなければ…。
未勝利ダート勝ち上がりとはいえ、スプリント戦ならば芝重賞でも侮れない。

中京記念

◎サンバレンティン
○トウショウパワーズ
▲コーナーストーン
△タスカータソルテ
△ローゼンクロイツ
△ワンモアチャッター

サンバレンティン
京都記念大敗からのイメージはメガスターダム、サンライズペガサスのワンツーが非常に印象強い。
昨年も京都記念13着ローゼンクロイツ、同8着シルクネクサスがワンツーしておりローテとして抜群。
平坦、中距離、小回りのハンデ重賞レベルなら充分好走可能。左回りも問題なさそう。

トウショウパワーズ
昨年の1番人気馬が復調してきた。ツルマルボーイとタガノマイバッハくらいのような気がするが、中京2000mに強いダンス。ここで一発みせても不思議ではない。

コーナーストーン
芝ではまだ底を見せていない。上位入線馬で順調な馬は現在ほとんど準オープンクラス以上の高レベルなホープフルS組で注目していました。ダンスだし中京2000mも合うだろう。



弥生賞

◎マイネルチャールズ
○スズジュピター
▲ブラックシェル
△ベンチャーナイン
△ダイシンプラン
△キャプテントゥーレ

個人的には実は3歳牡馬で一番能力高いんじゃないかと思っているスズジュピター。重賞好走馬を出しまくっている東スポ2歳S組でもある。がタニノギムレット産駒の差し馬という考え方からすると広いコースの方が競馬しやすい感じがするので対抗までに。
という事で中山2000m適性は説明する必要がないほど結果を残しているマイネルチャールズを本命に。GIクラスかというと微妙なところですが、トライアルならまだまだ力的に問題はなさそう。要はバラゲータイプな感じがするので。
ブラックシェルは前走だけで人気が落ちるのならば要注意。勝てなくても権利は取ってくるでしょう。




チューリップ賞

◎オディール
○メイショウジェイ

速い流れの阪神JFを先行して4着に粘ったオディール。差して勝利したトールポピー。2強対決みたいになってますが、どちらかというとオディールはトライアル巧者くさい。トールポピーは本番向きっぽい。…ので素直にオディールから。
相手には3歳戦の格上挑戦ならどんとこいのタニノギムレット産駒メイショウジェイ



オーシャンS

◎アイルラヴァゲイン
○プレミアムボックス

いまや中山1200mといえばアイルラヴァゲイン。前走は休み明けで厳しい展開だったし、これで人気が落ちるのならば。
プレミアムボックスはアドマイヤベガ産駒好走3大要素、中山、内枠、昇級戦のうち(今3大要素って勝手に決めた)、中山、昇級戦が当てはまる。内枠だったら堂々本命なのに。



中京スポーツ杯

◎フミノパッション
○スプリングダボス

現時点で意外と馬連がつくので。


明日はサンバレンティンの人気次第でやる気が変わります(笑)
大目にみて5番人気くらいまでかな…。

◎フローテーション

◎ローブデコルテ
○フサイチリシャール
▲シンボリグラン
△スズカフェニックス
△キンシャサノキセキ
△ローレルゲレイロ

ローブデコルテ
オークス馬ですが、適距離は1400m。マイル以下ならば末脚は確実。流れが速くなればなお良し。
コジーン産駒だし、阪神の開幕週っていうのもプラス。

フサイチリシャール
阪神Cでは2ケタ着順だったものの0.5差。今だ1400mでは底を見せていない。
速い流れを早め先頭で押し切れれば。

シンボリグラン
こちらは阪神Cでは8着ながらも0.3差。長らく勝っていないが1400mでは常に上位とは差のない成績。人気薄になりそうな今回は狙い目。

◎カンパニー
○プリサイスマシーン
▲リキッドノーツ
△チョウサン
△マルカシェンク
△アサカディフィート

カンパニー
中山記念といえばリピーターレース。過去の連対馬の成績が良い。素直に本命に。

プリサイスマシーン
元々は1800mで勝ち上がってきた馬。近走スプリント戦では結果が出ていないが。距離延長がいい方に出れば。本当は本命にしようと思ってたんですが、中山記念でロベルト系が全く馬券圏内にすらいないのが気がかり…、たまたまそんなに出走してないだけかも知れないですが。
そういえば中山1800m重賞勝ったロベルト系ってフラワーCのマイネヌーヴェルとスプリングSのナリタブライアンくらいしか思いつかない…。

リキッドノーツ
前走、前残りの中ながら2着確保。中山替わりもむしろ中山の方が成績いいのでさらに前進を期待できそう。

チョウサン
GIでもまずまず健闘していた。毎日王冠のようなレースになれば、同じ1800mだしもう一発ある。

マルカシェンク
ニューイヤーSのレース内容から、ちょっと中山1600?1800mでは崩れる要素は少なそう。

アサカディフィート
常に△で買っておきたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。