blandices.gif miracle.gif

attractive place!!
アトラクティブプレイス

いつの間にか8年目に突入。血統が大好きな私の競馬予想ブログです。相変わらず当たりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2戦とも接戦でしたねー。

日本ハムは1戦目ダルビッシュ、2戦目八木。
対するソフトバンクは1戦目杉内、2戦目斉藤。

1戦目のダルの完投勝利で完全に流れは日本ハムに。

2戦目、八木の序盤の投球は決していい調子ではなかったと思います。
しかしバックの守備が彼を援護する。
徐々に調子をあげていき、気付けば完封。

攻撃、守備、すべてにおいて、ソフトバンクを上回った日本ハム。
なんか負ける感じがしなかった。
強い。


自分は日本ハムの日本一を応援します。


ソフトバンクも投手陣は踏ん張ったが、1年を通して、貧打に泣かされてしまった。
3年連続プレーオフ第2ステージ敗退。
プレーオフなかったら2回優勝してたんですがね。
スポンサーサイト

日本2(2-0)0 トリニダード・トバゴ
   (0-0)


なんかW杯より反応やらボールの動かしなどはしっかりしてましたね。
個人的には超攻撃布陣?って感じのメンバーでしたが守りも思ってよりそんなに悪くなかったと思う。

三都主が2ゴール。まじっすか。オフェンスは文句なしですね。ディフェンスは相変わらずでしたが。

後半、スタメンメンバーはバテてたのが今後の課題でしょうか?
しかし後半出てきた選手はしっかり存在感をアピールしてましたね。

サッカーはあまり詳しくないのでこの辺で。

日本 1(1-1)4 ブラジル
    (0-3) 

日本の先制がブラジルのお尻に火をつけてしまった模様。
ロビーニョに完全にやられてましたね?。


日本は、1次リーグで今日のスタメンメンバーが一番良かったと思います。稲本も、玉田も、小笠原も結構良かったんですけどね?。

前半のブラジルの攻めを見てる限り、川口の集中力が切れたら終了って雰囲気が出てる中、日本もいい感じで三都主玉田で先制したんですけどね?。
オーストラリア戦&クロアチア戦でその攻めが出来てればね…。


そして前半はリードで終われるかと思った瞬間、ロスタイムで1点奪われる…。

後半は怒涛の攻撃でございました…。

選手交代は謎だったけど、別にどうやったって無駄だったでしょうね(笑)
でも、高原は何しに出てきたんでしょうか…。
そしてヒデを前に上げた理由は…。

まぁ、勝とうと思ったのが間違いでした(笑)
普通に考えれば妥当なんですよね。

オーストラリア戦の得失点差?2が最後まで響いたって事でしょう。

日本0(0?0)0クロアチア
   (0?0)

先に言っておきますが、管理人(YFlower87)はにわかサッカーファンにも満たないくらいのにわか君で、サッカーに関しては非常に無知です(笑)
間違った表現もあるかも知れませんが妥協ください。

家に帰ってきたらすでに前半始まってました…。
で、見始めた途端、いきなりPK??
確実に先制点奪われる…と思ってたら、
川口がセーブ!!すごい。。
あの反応は奇跡でしょ!!

今回ミドルシュートを何度も試みてました。シュートの数ではほぼ互角。キープ率はクロアチアの方がちょっと多いくらい。
中田のミドルシュートは惜しかった!しっかり枠内にはいってましたからねぇ。

宮本はファール取られすぎ…(^^;)

後半に福西→稲本福西は何してたんだろう??前半あんまり見なかったように感じる。
稲本は果敢にボールを奪いにいってたし、さすが稲本ってところか。
最後の方はバテてたが。

右サイドの加地のオーバーラップがワンテンポ遅い攻撃が続き、途中から左サイドからしか攻撃が出来なくなっていたような気がするな?。
しかも左からの三都主のシュートに誰も合わせてなかったけど。そのどうなんでしょ、あんま詳しくないからわかりません…(汗)

そして、クロアチアのカウンターに誰もついていけなくなってたし。何度もヒヤヒヤしました。向こうも決定力が足りないのかな。

と、両チーム決定力に欠き、引き分けっぽいなーと思ってみてました。

柳沢→玉田玉田、一回ドリブル突破の見せ場があっただけでした。しかもトイレに行ってたので見てないし。

高原→大黒大黒に代えてからのチャンスが少なかったからなぁ、他の選手バテバテですし。俊輔とかほんとヤバそうでした。

って感じで試合終了…。痛恨の引き分け…。
これは終戦か??
ブラジル?オーストラリアの結果次第ですけど、ブラジルに2点差くらいつけて勝たないといけないような気がします…。








日本1(1-0)3オーストラリア
    (0-3)


オーストラリアの選手、体は大きいのにスルーとか目線のいってない方向にパスだとか技巧的な攻めがあったなぁ。
ヒディングの影響なのか?元々がわかりませんが(笑)

ちなみに管理人(YFlower87)はサッカーに関しては非常に無知です(笑)
間違った表現もあるかも知れませんが妥協ください(ぇ


では自分なりに回顧しときます。




■前半■

初め、ずっとオーストラリアの攻撃が続いてましたが、しっかり守備陣が防ぐ。
オーストラリアにずっとボールをキープされていましたが、しっかり中には攻めさせなかったってのが大きかった!!

そして川口のファインセーブで何度も助けられました。

そして駒野!守備に攻撃に見せ場たっぷりでした!!

25分、中村俊輔の…あれはFWにアシストするはずのボールでしょうね。
キーパーが前に出てきて高原と交錯し転倒。
そのまま誰に触れることなくゴール!!1点先制!!

39分高原が少し勿体無いイエローカードを喰らってしまう。



■後半■

坪井が負傷退場。大丈夫でしょうか?
茂庭に交代。

13分高原チャンス!!しかしシュートがディフェンスに当たってこぼれ球に。

24分、茂庭のファール(タックル、選手に当たってないが…)で最大のピンチ。直接フリーキックを川口がしっかりセーブ!お見事!!

33分、柳沢小野(抜けてたので追記)

38分またも強烈なシュートを川口がセーブ。しかしすぐのスローイングを川口が捌けず、キーパーの居ないゴールにシュート…。同点に…。

福西のシュート、惜しい…。

43分…逆転…。

茂庭→大黒、ツーバックにかけるも、あ、3点目のゴール…。




そのまま試合終了…。
後半の最初は理想的なJAPANのサッカーが出来てたようなんですが、
中盤あたりからオーストラリアに押されちゃいましたね…。
悪い感じではなかったけど、カウンターであとちょっとのとこでのミスが多かったかな?。
38分の同点ゴールが全てでした。


むぅ?負けたのはしゃーない。。
切り替えていってほしいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。